結婚式の招待状が届いたらどうする?

自分はまだまだと思っていても学校を出て社会人になると、学校時代の友人や職場の同僚などの結婚式に招待される機会が出てきます。そんな中、披露宴の招待状がポストに届いていたら、一体返信はどのようにするのがマナーなのでしょうか?招待状の返信はなるべく早めに出すのが常識であり、返信ハガキの記入にも気を配る必要があり、マナー違反の返事を出したら一般常識を疑われてしいまうので注意が必要です。例えば、印刷されて「御出席」や「御住所」「御芳名」の「御」は二重線でしっかりと消しておきましょう。招待されたらよほどの理由がないかぎり出席するほうがいいでしょう。やむおえず欠席をする場合は「旅行」「仕事」など具体的に書かずに、「やむおえない事情があり」などとぼやかして書くといいでしょう。

主役は誰かを考えて!結婚式の男性の服装選び

結婚式は新郎・新婦にとって人生で最大のイベントですから、招待される側はきちんとマナーを守って参加することが大切となります。結婚式の主役の新郎・新婦より目立ってはいけませんから、服装には特に気を使う必要があります。男性だったら黒いスーツが基本ですが、チャコールグレーや濃紺のダークスーツでもかまいません。ネクタイは白やシルバーで、NGなのは「葬式」を連想させてしまう、黒が少しでも入ったネクタイです。靴は黒が無難で間違いがないでしょう。

主役は誰かを考えて!結婚式の女性の服装選び

結婚式に招待された女性は、張り切って衣装やメークに力を入れがちなので注意が必要です。白いドレスなどはもってのほかで、白という色は新婦さんにだけ許される色なので、白いドレスやそれに近い色のドレスはNGです。靴は足の露出が少ないパンプスが無難で、露出の多いサンダルやミュールはカジュアルすぎます。アクセサリーはパールのネックレスやコサージュが基本です。「家庭が揺れる」を連想させる揺れるようなピアスや、髪に生花の髪飾りをつけるのは花嫁の特権なのでこれもNGになります。

結婚式場を神奈川を挙げる場合にはオシャレな雰囲気の中で予算に合わせた演出も色々と細かくこだわれて良いでしょう。