どのくらいを包むのが相場なのか

結婚式を手伝ってくれた人にはお礼をするのが礼儀ですが、相手によって包むべき金額が多少なりとも変わってくるものです。たとえば、披露宴で祝辞を読んでくれた主賓のゲストや乾杯の音頭を依頼したゲストなどには、だいたい1万円くらい包むのが相場で、また自宅から会場までの往復のハイヤーを手配しておくとさらにベターですよ。結婚式はいろいろな人の支えでできるものですから、手伝ってくれた他人事に心を込めてお礼をするようにしましょう。

はるばる遠くからやってきてくれた人

結婚式に遠くからはるばるやってきてくれたゲストには、お礼金として交通費の半額ないし全額を包んであげるのが一般的です。特に交通費や宿泊代が合わせて2万円を超えてしまうような場合には、できるだけ全額用意してあげるようにしましょう。受付の人に頼んで、記帳の後に渡してもらうというのが一般的ですよ。どうしても全額用意するのが厳しいという場合であっても、最低でも半額は包んであげるというのが最低限の礼儀でしょうね。

司会を友人に頼んだ場合

結婚式において、司会進行はとても重要な役割ですよね。そんなことをやってくれたゲストには、特別に手厚いお礼をしてあげなければなりません。包むべき金額の相場も高めで、だいたい2万円から3万円くらい用意するのが一般的ですよ。司会の進行には打ち合わせや台本作りなど、結婚式の前からずっと協力をしてくれているわけですから、そうした労力に見合った額を包むべきですね。ご祝儀を戴いていたりしたら、ご祝儀を上乗せした額を包みましょう。

福岡の結婚式場で人気が有るのが、市内から少し離れた海が見える舘です。夕日を見ながらの結婚式はロマンチックでお二人の門出を祝福しているかのようです。