模様それぞれに意味があるハワイアンキルト

ハワイアンキルトとは、ハワイで伝統的に作られてきたキルトのことで、イギリス人宣教師によってもたらされたパッチワークキルトがハワイの人々の手によって発展し、独特のデザインが生み出されました。パッチワークキルトよりも大胆な模様が特徴で、動植物や風、波などハワイの人々にとって身近なものをモチーフにしています。近年ではテレビや雑誌などを通じて、ハワイアンキルトの魅力が日本でも広く知られるようになりました。

ハワイアンキルト入門編はクッションカバーから

ハワイアンキルトをインテリアに取り入れるなら、まずはクッションカバーがオススメです。涼しげな貼り地のソファにハワイアンキルトのクッションをいくつも並べたら、一気にお部屋がトロピカルな雰囲気になりますね。ハワイアンキルトの魅力を存分に楽しみたいなら、ベッドスプレッドなどの大物もいいでしょう。お気に入りのモチーフを額装したり、タピストリーとして壁に飾っても素敵です。キルトの雰囲気を壊さないよう、家具はナチュラルなデザインを選びましょう。

ハワイアンキルトを自分で作ってみよう

「もっとハワイアンキルトの魅力を楽しみたい!」という方は、いっそ手作りしてみるのはいかがでしょうか。最近では各地でハワイアンキルト教室が開催されたり、必要なものが揃ったキットが販売されていたりと、初心者でもキルト作りを始めやすい環境が整っています。もともとハワイではキルトは全て手作りし、母から娘へと受け継がれていくものでした。キルトを縫いながらそんなハワイの伝統文化に触れることによって、インテリアとして取り入れたハワイアンキルトにも一層愛着が持てるのではないでしょうか。

ハワイアンキルトとは、ハワイ独特のデザインが施され、たくさんの種類の生地をつなぎ合わせたもののことです。