結婚式とは一体何だろう

人生における結婚とは一体どんな意味があるのでしょうか。人生には出会いがあり別れがあり、ラッシュアワーでは何千何万人の人とすれ違っているはずです。地球上の何処にいるかも分からないが、赤い糸で結ばれた二人は必ず出会うそんな運命が結婚というもののイメージと言えるでしょう。結婚式とはお互いに助け合いながら多くの困難に立ち向かってゆける人生におけるたった一人のパートナー、永遠の伴侶とも呼ばれている相手と結婚する際の神聖な儀式と考えられています。

憧れの結婚式はどんなイメージ

結婚指輪や婚約指輪といったもの一般的に考えられるようになったのは昭和40年ころからと言われています。それまでの結婚式は代々日本における伝統的な結婚式として行われることが多かったのですが、戦後の西洋文化が日本で受け入れられ、高度成長期のピークには教会で行われる結婚式のイメージが広まりました。現在でも結婚式と言えば、白い教会にウエディングドレスでバージンロードを歩き、友人や家族に祝福されるような結婚式を誰もが思い描くのではないでしょうか。

貴方が選ぶ結婚式は?

日本で行う結婚式にはいくつかのタイプがあります。結婚式は結婚をする二人だけでなく、双方の家族などの意見もあり決めるものですが、最大の選択権はやはり結婚をする二人にあると言えるでしょう。日本独自の宗教である神道から大きな影響を受けているのが神前式、仏に結婚を誓う様式は仏前式と言います。現代でも多くの人が選ぶキリスト教式は、キリスト教徒の結婚式を真似たもので宗教的な意味を持たない結婚式であり、結婚式のためだけに建てられた教会で行われます。

千葉の結婚式場なら山手のゴルフ場近くに有る別荘がおススメスポットです。花にか囲まれた広い庭園での披露宴は一気に緊張感を開放感に代えて呉れます。